私が愛してやまないUI/UXデザインツール「Adobe Experience Design」


プロトタイピングツールは、超大雑把に言うと以下の2種類に分けることができます。

  • 画面遷移を作るやつ
  • インタラクションを作るやつ

調べてみたところ、上記2種の合いの子みたいな製品もあるようですが、
中途半端なヤツは嫌いなので見なかったことにしました。

私の用途はアプリよりもWebが多く、インタラクションよりも画面構成と遷移を作って
「こんな感じっす」とお披露目することが多いので、前者に属するものをよく使います。
その中でも、以下の2点においてAdobe Experience Design (Adobe XD)を上回るものは無いと思っています。

  • 簡単(初見で使える)
  • 速い(サクサクアウトプットできる)

XDはなぜ簡単なのか

ひとことで言えば「Adobeだから」です。
XDは、Adobe CCに含まれる製品であり、操作性も非常に似通っています。
そのため、Adobe製品に慣れ親しんだデザイナーやフロントエンドエンジニアなら、初見でプロトを作り込んでいくことができます。


デザインモードの画面。Photoshop等と比べるとシンプルだが、痒いところに手が届く感じ。

XDはなぜ速いのか

XDは、UIデザインツールでもあるからです。
PhotoshopやSketchで作ったデザインをエクスポートして、ProttやInVisionで読み込んで…という流れに対して
手間というか、「なんでここシームレスじゃないの?」という違和感を覚えたことはないでしょうか。
私はいつも軽くイラッとしておりました。

XDには「デザイン」と「プロトタイプ」の2つのモードを素早く切り替えることで、2つの作業を同時並行で進められます。
厳密には並行していないのですが、「並行感」が大事なのです。
プレビュー用の URLひとつで他のメンバーに共有もできるため、この点においてもスピーディーです。


プロトタイプモード。初見でも直感的に操作できる。

そして無料!

Adobe IDを持っていれば無料で使えます。
ぜひ一度試してみてください。

クリック!株式会社リンクバルでは一緒に働くエンジニアを募集中です!クリック!