必見!iOSアプリ審査のためのスクリーンショット基準!


こんにちはリンクバルの前田です。今回はiOSアプリの審査でメタデータリジェクトされたので、その内容の一部をご紹介します。

iOSアプリ審査

いつも通り、iOSアプリを申請していると何故かメタデータのリジェクトが。。。

We noticed that your screenshots do not sufficiently reflect your app in use.

Please see attached screenshots for details.

確かに5.5インチのスクリーンショットを変えていたんですが、どこだろうと見てみると、、

なるほど、確かに3.5インチの画像が古いではないですか!

3.5インチの古い画像の部分を新しいスクリーンショットに置き換えて再度申請してみたところ、またリジェクトされてしまいました。

今度の指摘を見てみると、新しいスクリーンショットにアプリ内の画面がしっかり映っていないことを指摘されてしまいました。

最初の審査時に指摘して欲しかったですが、仕方がないので再度作り直してレビューを返信して見事やっと審査が通りました。

AppleStoreにある他のアプリを見てみてもアプリ内のスクリーンショットがない画像もあるのですが、厳しくなったのでしょうか。

今回のリジェクトはメタデータのリジェクトでしたので、再度申請する必要がなくレビューの返信のみで行けました。
ここで再度審査をしてしまうと、順番が最初になってしまうようなので気をつける必要があります。

まとめ

  • スクリーンショットはアプリ内の画面が十分に反映されている必要がある
  • 一部のスクリーンショットを変更する場合は、全スクリーンショットを変更した方が無難
  • メタデータリジェクトの場合は、再審査ではなくレビュー返信にすると順番がリセットされないため優先してチェックしてくれる

最後に

リンクバルではエンジニアの採用を募集しています。採用はこちら