NewRelicのTransactionTrace機能がとても便利な件


NewRelicの便利な機能を紹介します

NewRelic公式サイト
https://newrelic.com/

このAPMの「Transaction Trace」というAPMのPro版の機能がソースコードのメソッド単位でレスポンスタイムが分かるので、サイトのチューニングやボトルネックを発見するのにとても役に立ったことがありましたので、記事にさせて頂きました。

ライセンス料金
https://newrelic.com/calculator

Transaction Trace
TransactionTrace

Transaction Trace Detail
TransactionTraceDetail

このような具合でソースコード単位でボトルネックになっている箇所を見つけ出し、
パフォーマンスのチューニングをすることができます。
またデータベースで実行されたクエリを確認することもできます。

最後に
もしサイトが重く悩んでいましたらNewRelic APM Pro版を導入してみるのも良いかもしれません。
フリーで登録後、14日間はPro版をトライアルできるようですので、NewRelicの導入がまだの方は試してみてはどうでしょうか。