街コンジャパンの開発事例!〜Railsを使った非同期通信〜


こんにちはリンクバルの前田です。
今回は技術部の街コンジャパンチームで作っている機能のご紹介をしたいと思います。

色々あるのですが、直近だと「並び替え」機能が新しいのでこちらを紹介します。

導入背景

  • 以前より、オススメのイベントや価格の安いイベントを見つけたいという要望があった。
  • 4月中旬頃「GW前に何か実装できないか」という議論をチームメンバーで15分間行い施策案を出した。
  • 課題

  • イベント一覧ページに並び替え機能を配置する場所によっては使いづらいページになってしまう
  • どう対応したか

    デザインで解決しました。
    元々実装されていた「詳細検索」のボタンとラベル部分の領域を改良し、「並び替え」ボタンを並列に置きました。

    うまく表示されています!
    並び替えボタンをタップすると、以下のメニューが表示されて、
    「開催日の近い」「おすすめ」「価格の安い」「価格の高い」の順に並び替えするこができます!

    「おすすめ」の順番は、独自ロジックにより重み付けされた値で並び替えされます。
    非同期通信のため操作に違和感はありません。

    実際の機能は こちら

    どれくらいの期間で作ったか

    アイデア出しから1週間後にリリースしました!
    元々、並び替え機能の案はありましたが、4月の中旬のGW前に「安い順あった方がいいよね」という声が部内で上がり、GW前のリリースまでに至りました。

    使っている言語・フレームワーク

    ・言語:Ruby
    ・フレームワーク:Ruby on Rails

    最後に

    リンクバルではエンジニアを募集しています。採用はこちら