BacklogでWordPressの記事を管理するプラグイン


社会人3年目エンジニアの関です。

当ブログもなのですがレビュアーと投稿者が分かれており、なおかつ投稿者が複数存在するサービスの場合、レビュアーと投稿者とのやり取りが煩雑化してしまう問題が出てくるかと思います。
そこでタスク管理ツールの「Backlog」でレビュアーと投稿者とのやり取りを管理できないかなと思い、記事投稿とBacklogを連動させるプラグインを作成してみました。
(ちなみに、お問い合わせフォームと連動させる方法はすでにありました。)

プラグインは以下からダウンロードできます。
https://github.com/hseki-luckey/posts-management-for-backlog

設定方法

プラグインを有効化すると「一般>投稿設定」に以下の項目が追加されます。
入力内容について詳しくは、readme.txtを確認してください。

実際に使ってみる

①記事を「レビュー待ち」にする

記事を書き終わったら、記事のステータスを下書き→レビュー待ちに変更します。
以下のように自動でBacklog課題が追加されます。

今回はAPIで実現しているのですが、Backlogではメールでの課題登録機能もあるのでそちらを使って実現してもよかったかもしれません。(少しセキュリティ的に不安ではありますが。)

②Backlog上でやり取りをする

③記事を公開する

記事を公開すると該当課題にコメントが追加され、完了となります。

おわりに

今回作ってみて、こんな機能もあったらもっと便利かなと思いました。

  • Backlog上で課題を完了したら連動して該当記事が公開
    Webhookを使ってやる方法を思いついたのですが、Webhookの仕様上ローカルではテストが出来なかったので今回断念しました。
    あと、実装する際は自サイト側に受けページを設けなければいけませんね。
  • 投稿者、レビュアーへの通知
    BacklogのユーザID入力欄をプロフィール内に設けて、それをもとに課題作成・更新の際にBacklogから通知をすればいいかなと。

Backlogは弊社でも様々な場面に積極的に活用されており、非常に便利なツールだと思います。
ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか。
(意外と知られていませんが、完全無料のフリープランも用意されています。)