中国の深センに行きました2。めちゃ役に立つGoogle翻訳の活用。


こんにちは、リンクバルの根本です。

普段はtogetherというボタンを押したら異性がやってくるサービスを頑張っています。

さて、前回:中国の深センへ行きました1。行く前の準備~ホテルまで。では深センというより中国に行く前の現金や通信回線についてお伝えしました。

今回は、ITが発展している深センで見たものをご紹介します。

深センでコミュニケーションするために

ひとつ大事な情報を伝え忘れていました。

現地の方とのコミュニケーションに英語・日本語は使えません。従って中国語を使う必要があります。中国語ができない私が中国語を使うために必須のアプリがあります。GoogleTranslateです。WEB版ではなくアプリ版をダウンロードしておくと、オフラインで利用もできますし、オンラインだけになりますが、お互い声だけでの同時通訳もできます。同時通訳が本当に便利で、お店の人との交渉や質問では恩恵を受けました。また、看板や広告などを写真で撮ると文字を翻訳することもできます。

GoogleTranlate
Android版 iOS版

GoogleTranslateについて簡単に2つ紹介します。

GoogleTranslate同時通訳

Google翻訳の同時通訳はアプリ起動後、下記赤枠を押すと利用できます。

会話画面で、なにか喋ると翻訳できます。この画像は「火鍋が食べたいです」と言いました。
左上の音量マークを押すと、中国語で発語できます。

 

また中国語をカメラで撮影し、翻訳したいテキストを指でなぞると下記のように翻訳できます。
下の画像は中国語と日本語の比較用にとあるWEBサイトを撮影しました。
なぞった中国語のテキストが「私が若い時、私は一度行った」と翻訳されています。
画像最下部のすべて選択を押すと画像内で中国語と思われるテキストを全て翻訳できます。

 

今回はGoogle翻訳でしたが、次回こそ深センで見たものをお伝えしたいと思います!