業務改善

開発者必見!Slackカスタム絵文字でコミュニケーションが楽しくなる。


リンクバル技術部エンジニアの中村です。リンクバル技術部では、Slackを活用してコミュニケーションをとることで、日々の開発業務を進めています。

関連リンク:リンクバル新規サービス開発チームにおけるSlack活用事例

リモートで働く社外の開発パートナー様とのやりとりもSlackを活用しています。

Slackが無い開発は考えられないと思う利用頻度です。

そんなSlackには、コミュニケーションが円滑になる、絵文字機能があり、Slackを使っているチームであれば利用していると思いますが、オリジナルの絵文字を追加できるのをご存知ですか?

自社で保有しているキャラクターのアイコンやアプリアイコンを、カスタム絵文字(Custom Emoji)として追加することで、コミュニケーションが楽しくなり、プロジェクトの雰囲気も良くなると思いますよ

この記事では、Slackのカスタム絵文字の登録の仕方を説明致します。

カスタム絵文字登録手順

Customize Slack

  • Slackを開き、チーム名の横の「∨」アイコンをクリック
  • 続いて、「Customize Slack」をクリック

customize_slack

Customoize Your Team 画面へ遷移します。

アイコン画像のアップロード

「Customoize Your Team」画面で、下記の手順でアイコンを登録します。

  1. 「Chose a name」で、アイコンに名前をつける
  2. 「Chose an emoji」で、アイコン画像をアップロードする。
  3. Saveボタンをクリック

ここでは、自社サービス「カップリンク」のアプリアイコンを登録しました。

登録完了

「Custom Emoji」一覧に、登録したアイコンが表示されます。これで登録完了です!

カスタム絵文字の利用方法

デフォルトで登録されている絵文字と同様に利用することができます。

おわりに

この記事では、プロジェクトが楽しくなり、コミュニケーションが円滑になる、Slackのカスタム絵文字の登録方法をご紹介しました。

リンクバルでは、自社サービスを一緒に開発するエンジニアを募集しておりますので、興味を持っていただきましたら、ぜひお問い合わせください!


CircleCIを使った自動チェックについて


街コンジャパンの開発ではCircleCIを使って、
コーディングルールやRailsのテストコードを自動チェックしています。

CircleCIの自動チェック処理はCircleCIのキューに一度貯めて、
コンテナという自動チェック処理を行うプロセスがタスクを取り出して一つずつチェックしているようです。

メリット

・開発者が複数でも一定の品質を担保することができる
・CircleCIのチェックが通らないとマージできないので実行できないコードを弾くことができる
・無料でも使うことができる
・GitHubのWebhocksと連携することができる
・GitHubアカウントで認証できる

デメリット

・ソースコードが多くなってくると徐々に遅くなってくる
・無料版では自動チェックをするコンテナが一つのため、キューがたまりやすく効率が悪くなる

コンテナを増やすポイント

コンテナが一つ場合は、15分以上コンパイルを待たないといけないこともありましたので、
開発効率を上げるためにCircleCIのコンテナを2つ使いました。
コンテナの数は開発人数にもよるとは思いますが、開発が忙しくなる時期にコンテナを増やすなどの利用も計画的にすることもできると思います。

まとめ

Githubと連携して使うことができますのでCommitごとにコーディングルールやテストコードを実行できますので、
一定基準の品質を担保しつつ共同開発をすることができます。
無料でも使えるので是非Githubでソースコードを管理されている場合は使ってみると良いと思います。
ちなみに、コーディングルールの自動チェックはRubocupというgemを使って、設定ファイルでコーディングルール管理をしています。

最後に

リンクバルではエンジニアの採用を募集しています。採用はこちら


気になる高級な椅子の使い心地~ITアレルギーな私の技術部奮闘記~


こんにちは。
リンクバルの山本(♀)です。25歳です。

リンクバルの看板商品「街コン」のイベントプランナーでしたが、ひょんな事からリンクバルのシステム系の部署である技術部に異動となり、
今はシステム開発のディレクターになるべく修行中です。
「~入門」「初心者でも分かる~」が読めないぐらいITアレルギーな私のWEB部での奮闘をお楽しみください。

いつもよりも良いものを使ってみると、たまにトラブる・・・。

いつもより少し値段が高いものを食べて、
胃もたれを起こした経験ありませんか。
例えばこんな感じ。
通常山本家ではだいたい200グラム700円(海外製)ぐらいの牛細切れを使用するのですが、
img_20161109_163246-2

たまーに200グラム1500円の和牛を食べると胃がこんな感じになって、気持ち悪くなる。
img_20161109_163255

これと同じ状況が牛肉だけではなく、色々なことに起こったりするんですよね。
結局普段から使い慣れていないものは、良いものでも使いこなせない。
今日はそんなお話。

高級な椅子ってどんな椅子?

株式会社リンクバルでは、席で仕事をする時間が長いエンジニアやデザイナーは
少し高級な椅子が支給されています。
これ↓↓
img_20161125_130520

ちなみに通常の椅子はこれ↓↓
img_20161125_153034

高級な椅子、なんか凄そうじゃないですか。
※これからはこの椅子をエンジニア椅子と呼ぶこととします。
技術部に異動した当初、私もエンジニア椅子が支給されたのですが、
私エンジニア椅子が合わなくて結局普通の椅子に変えてもらいました。
なんか首のところが・・・こう、窮屈というか閉塞感というか。
とにかく良い感じがしなかったのです。
この椅子って本当にいいの?という疑問を勝手に抱き、
この場をかりてエンジニアにインタビューしてきました。

エンジニアにインタビュー

インタビュー①:エンジニアY(♂)
img_20161109_162552

山本:「エンジニア椅子の使い心地はどうですか。」
エンジニアY(♂):「僕・・・あんまり合わないっすね。なんかこう、腰の辺りに違和感があります。」
ふむ。私と同じような意見である。

インタビュー②:エンジニアH(♂)
img_20161109_162711

山本:「エンジニア椅子の使い心地はどうですか。」
エンジニアH(♂):「凄くいいですよ!とても使いやすいです。かなり気に入っています。」
ん?どういうことだ。
エンジニアH(♂):「これ自分の体に合わせて調整できるんですよ。しかもかなり微調整も可能です。
最初は面倒ですが、一回調整しちゃえばかなり快適に仕事できます。」

結局・・・。

ふむ。なるほど。エンジニア椅子は自分の体に合わせて調整する椅子だったのか。
面倒くさがらず調整する、それを成し遂げた者にのみ、快適が訪れる椅子でした。
そんなこんなで、私も自分に合わせて調整してみた。
img_20161125_155420
なんだか優雅な気分になりますね~。

こんな株式会社リンクバルで
一緒に働くエンジニアを募集中です!
新しい事にチャレンジしたい、もっともっと成長したい、そんな
フロンティアスピリットをお持ちの方が生き生きと働ける会社です。
詳細はコチラ

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


カスタマーサポートツール「HelpScout」を使ってみた


HelpScoutの導入

つい先日、社内のプロジェクトでサイトをローンチした際に、社内全体からたくさんの問い合わせを受けることがありました。

その時に導入したのが「HelpScout」というカスタマーサポートツールです。
https://www.helpscout.net/

2週間くらい無料で使えたので試しに試験導入しました。

良かったところ

このツールは、特定のメールアドレス宛にメールを送るとHelpScout上で問い合わせの管理を行うことができます。
今までこう言ったツールは使ったことがなかったのですが、実際に使ってみると、問い合わせがメールに埋もれることなく管理することができました。

_9__assigned_-_help_scout

各問い合わせに対して優先度付けをしたラベル(low、high、doing等)を貼ることで、状態管理も見やすいことも利点だったと思います。

気になったところ

やや使いづらいところとしては、メーラー上でメールを返信するとHelpScout上に新しい問い合わせとして起票されてしまうことや、HelpScout上で返信したメールをメーラーで見ると返信したメールが見れなかったところだったと思います。

ステータスを「Close」にした問い合わせの返信があった場合、「Open」に自動で変更される機能も面白かったと思いました。
例を上げると、「ありがとうございました。」というメールが来ると新しい問い合わせとして再Openします。

おわりに

簡単に導入することが出来る、使い勝手も良く、現在も使っているHelpScoutのご紹介でした。
カスタマーサポートツールを使ったことのない方や、少し使ってみようと思われた方は、導入も簡単ですので一度使ってみるのも良いかも知れません。

リンクバルではエンジニアを募集していますので、ご応募お待ちしております。
採用ページはこちら


クリック数を稼ぐ撮影メイクのコツ ~ITアレルギーな私の技術部奮闘記~


こんにちは。
リンクバルの山本(♀)です。25歳です。

リンクバルの看板商品「街コン」のイベントプランナーでしたが、ひょんな事からリンクバルのシステム系の部署であるWEB部に異動となり、
今はシステム開発のディレクターになるべく修行中です。
「~入門」「初心者でも分かる~」が読めないぐらいITアレルギーな私のWEB部での奮闘をお楽しみください。

本日は「撮影メイク」のお話。
クリック数を稼ぐため、画像にこだわる方も少なくないのでは?
一般的には女性の笑顔なんかが、目にとまりやすいなんて言われています。
でも最近は、女性の画像も増えてきたし、どれも似たりよったりになりがち。
その中でもより輝くためには「撮影メイク」がカギとなるかも。
目に留まる、印象に残る写真を作るための撮影メイクをご紹介します。

とあるページのアイキャッチ写真の撮影の為、
スケジュールに、“撮影メイク”と予定を入れていたら、
カメラ係のM(♂)がこう言った。
img_20161019_180416-2

あまーい。あまいぞM(♂)。
もしかして、芸能人のスッピン写真を見て、
「スッピンも綺麗だね~」って思っているくちか。
そうなのかM(♂)よ。

撮影メイクの目的は、とにかく印象に残る写真を作ること。
「自然体だけど魅力的、なんだか目が離せない」が目標です。
それには血色よく、表情が明るく、目にかすかに輝きがある状態にします。
普通のメイクだけだと顔に影ができてお疲れモードになったり、
フラッシュで赤みが飛んで、血色の無い魅力に欠ける顔になってしまいます。
そうならないための撮影メイクがこれだ。
img_20161018_182855-1

① マツゲはココゾとばかりにあげる(マツゲが下がっていると影ができてしまうから。)
② (できれば)パールのピアス(耳元に白があると顔が明るく見える。)
③ 濃い茶色をぬる (凹凸をつくることで、のっぺり顔を回避。)
④ マットな白いアイシャドーを入れる(目が生き生きする。)
⑤ 濃い目のチーク(濃いぐらいが写真で程よい感じになる。)
⑥ 赤めの口紅(フラッシュで赤みが飛ぶので、濃く入れて血色よくする。)
⑦ お粉をはたいてマット肌に(テカリによる反射を防ぐ。)
⑧ 鼻にマットな白を入れる(表情をあかるくする。)

“自然体を演出する”感覚に近いです。

メイク風景。
モデルは株式会社リンクバル16新卒新入社員のS。
メイクしているのが私。
img_8850

ほっぺがほのかにピンク色なのが、Sのいいところ。
でもフラッシュでほっぺのピンクは写らないため、補強する。
img_8858

出来上がった写真はこれだ。
img_8924

加工無しです。
これは個人的なこだわりですが、
顔を加工したり修正したりするのが好きではないです。
その人をその人らしく写すために、撮影メイクがある、と私は思っています。

ほらねM(♂)。
撮影メイクってすごいでしょう。
img_20161020_151728

こんな株式会社リンクバルで
一緒に働くエンジニアを募集中です!
新しい事にチャレンジしたい、もっともっと成長したい、そんな
フロンティアスピリットをお持ちの方が生き生きと働ける会社です。
詳細はコチラ

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。